2013年の暮れ、事務所&住まいの引越しをしました。
海に面した約23坪の小さい家に事務所と自宅を構えてます。
敷地内の築200年の古民家も管理してます。

豊田家的エコ&ミニマムな生活を綴ります。
<< 室内空気中の化学物質について調べてもらいました。 main いわきに適した断熱工事のススメ >>
石巻はまぐり堂へ

 

いわき市以北の津波被災地を訪れるのは今回が初めてでした。

 

訪れたのは宮城県石巻市。一般社団法人はまのねさんが運営する【はまぐり堂】への視察訪問が今回の目的。

石巻市街地から山道を車で約30分。この小さな集落にもあの日、津波が襲いました。

 

iPhoneImage.png

(基礎が痛々しく残る。)

 

この地を訪れるきっかけになったのは、被災地沿岸部を徒歩で旅をしている方から「ここは石巻のはまぐり堂と似ている」と教えてもらったからでした。

早速ホームページを見てみると、元々小さな集落だったのが災害により世帯数が減ってしまったこの地にカフェを作り、様々な挑戦をしている。ここは是が非でも行かなければと思い、直ぐに一般社団法人はまのねさんに訪問したいという旨のラブコールを送ると同時に一緒に行くメンバーを募りました。

メンバーは中之作プロジェクトの女子(婦人?)9人。10人乗りハイエースをレンタルして向かいました。

(階段を上った高台にあるカフェは、月見亭を連想させる)

 

残念ながらその日は代表の亀山さんは不在で、カフェの隣りの雑貨店を管理する島田さんに活動について丁寧に教えていただきました。カフェが出来るまでのいきさつ、抱えている問題や取り組もうとしている事、浜での観光事業、人口の10倍は生息されているという鹿を使ってのビジネスビジョンなど。震災によって無くなったものもあるけれど、【今あるもの】に着目して活用している姿勢はとても惹かれるものでした。

 

 (雑貨店には石巻で作られたものや各地でセレクトしたお洒落な雑貨が並ぶ。この民家は島田さんがほぼ一人で直したいうから凄い。)

 

(目の前の小さな港。はまぐり浜。)

 

今は2世帯しかないというこの地でカフェを開き、惹かれるように若い方が集まってきている。島田さんもこの地に惹かれ、種子島からはるばる来たとのこと。

はまのねさんたちの活動は、ただのカフェ&雑貨店経営だけでなく、その裏側には【この地に根付こう】と様々な挑戦をしている。あれ?何だか先日行った石見銀山の群言堂での活動に少し似ているなぁ。と思って聞いてみたら、群言堂さんとは縁があるらしく「群言堂と同じく【復古創新】を掲げています」と島田さん。なるほど。

 

島田さんの話を聞いた帰りの車の中、女子メンバーで「中之作では何ができるのか」をテーマに盛り上がりました。

はまぐり堂の活動から学んだこと、今後のプロジェクトの在り方や月見亭についての方向性などを共有出来たのはとても大きな収穫だったように思います。

 

iPhoneImage.png

(帰りに近くのツリーハウスに登りました)

 

今度は家族で行きたいな。そして今度こそ代表の亀山さんともお話をしたいなと思いました。

そして繋がりが持てたらいいなー。



| 建築日記 | - | - |
スポンサーサイト


| - | - | - |
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Links
counter

アクセス解析タイ・バンコク情報



累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
twitter
Mobile
qrcode
Sponsored Links