2013年の暮れ、事務所&住まいの引越しをしました。
海に面した約23坪の小さい家に事務所と自宅を構えてます。
敷地内の築200年の古民家も管理してます。

豊田家的エコ&ミニマムな生活を綴ります。
<< 島根県の石見銀山へ main 石巻はまぐり堂へ >>
室内空気中の化学物質について調べてもらいました。

引っ越しをしてから、もうすぐ3年です。

10月中旬を過ぎたといっても日中天気の良い日はとても暖かく、保育園に通う息子さんは元気に半袖半ズボンで園庭を駆け回っております。

寒さに備えて、我が家でも毛布と羽毛布団を準備したのですが、家族全員が未だ何もかけずに寝ているという状態です。

 

さて、今年7月29日から8月5日の7日間にかけて室内空気中における化学物質の調査をしていただきました。

調査したのはシックハウス症候群の原因とされているホルムアルデヒド、アセトアルデヒドなど7種類と、二酸化窒素、二酸化硫黄、オゾンなどガス状大気汚染物質と呼ばれるものです。

 

調査した時の写真は撮ってはいないのですが、我が家ではリビング近くの棚の上(床上1.8mくらい)の場所に測定器を7日間設置しました。全部屋がひとつながりなので、どこに設置してもあまり変わりないかと。

 

そして先日、調査結果が届きました。↓

ホルムアルデヒド  0.017(厚生労働省指針値 0.08以下)ppm

アセトアルデヒド 0.009(〃指針値 0.03以下)ppm

トルエン 0.002(〃指針値 0.07以下)ppm

エチルベンゼン 0.0005未満(〃指針値 0.88以下)ppm

キシレン 0.0005未満(〃指針値 0.20以下)ppm

スチレン 0.001(〃指針値 0.05以下)ppm

パラジクロロベンゼン 0.002(〃指針値 0.04以下)ppm

 

いずれも厚生労働省の指針値を下回ってます。

学物質の濃度は気温が上がると上昇傾向にあるらしいです。

夏真っただ中だったので、今の時期はもっと低いかもしれません。

 

我が家は調査対象住宅として測定していただきました。

気になる方は調査してみては!?

日本EMI株式会社 

↑こちらでも調査してもらえますよ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これに関係あるかどうかは全く分からないのですが、私は幼少期からずっとアレルギー性鼻炎に悩まされていました。

一週間でティッシュ1箱使い切る勢いで使っていました。特に寒い時期はずっと・・。

それが今の家に引っ越してきた途端、風邪じゃない時の鼻炎は驚くほど無くなりました。

寒暖差アレルギーだったのかな?

とにかく鼻が詰まる→頭が痛くなる→やる気がでないの悪循環でした。

ここ3年はさっぱりです。



| 自邸の事+子育ての事 | - | - |
スポンサーサイト


| - | - | - |
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Links
counter

アクセス解析タイ・バンコク情報



累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
twitter
Mobile
qrcode
Sponsored Links