2013年の暮れ、事務所&住まいの引越しをしました。
海に面した約23坪の小さい家に事務所と自宅を構えてます。
敷地内の築200年の古民家も管理してます。

豊田家的エコ&ミニマムな生活を綴ります。
室内空気中の化学物質について調べてもらいました。

引っ越しをしてから、もうすぐ3年です。

10月中旬を過ぎたといっても日中天気の良い日はとても暖かく、保育園に通う息子さんは元気に半袖半ズボンで園庭を駆け回っております。

寒さに備えて、我が家でも毛布と羽毛布団を準備したのですが、家族全員が未だ何もかけずに寝ているという状態です。

 

さて、今年7月29日から8月5日の7日間にかけて室内空気中における化学物質の調査をしていただきました。

調査したのはシックハウス症候群の原因とされているホルムアルデヒド、アセトアルデヒドなど7種類と、二酸化窒素、二酸化硫黄、オゾンなどガス状大気汚染物質と呼ばれるものです。

 

調査した時の写真は撮ってはいないのですが、我が家ではリビング近くの棚の上(床上1.8mくらい)の場所に測定器を7日間設置しました。全部屋がひとつながりなので、どこに設置してもあまり変わりないかと。

 

そして先日、調査結果が届きました。↓

ホルムアルデヒド  0.017(厚生労働省指針値 0.08以下)ppm

アセトアルデヒド 0.009(〃指針値 0.03以下)ppm

トルエン 0.002(〃指針値 0.07以下)ppm

エチルベンゼン 0.0005未満(〃指針値 0.88以下)ppm

キシレン 0.0005未満(〃指針値 0.20以下)ppm

スチレン 0.001(〃指針値 0.05以下)ppm

パラジクロロベンゼン 0.002(〃指針値 0.04以下)ppm

 

いずれも厚生労働省の指針値を下回ってます。

学物質の濃度は気温が上がると上昇傾向にあるらしいです。

夏真っただ中だったので、今の時期はもっと低いかもしれません。

 

我が家は調査対象住宅として測定していただきました。

気になる方は調査してみては!?

日本EMI株式会社 

↑こちらでも調査してもらえますよ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これに関係あるかどうかは全く分からないのですが、私は幼少期からずっとアレルギー性鼻炎に悩まされていました。

一週間でティッシュ1箱使い切る勢いで使っていました。特に寒い時期はずっと・・。

それが今の家に引っ越してきた途端、風邪じゃない時の鼻炎は驚くほど無くなりました。

寒暖差アレルギーだったのかな?

とにかく鼻が詰まる→頭が痛くなる→やる気がでないの悪循環でした。

ここ3年はさっぱりです。



| 自邸の事+子育ての事 | - | - |
冬の電気使用量と室温
いつの間にか3月です。

息子さんはいつの間にか立って歩き、単語を少し話し、歌を歌って踊るようになりました。

豊田家の暖房シーズンは2月26日でいったん終了。
(寒くなったら付けるかもしれないけど)様々なデータを測ったので整理してみました。


まずは、暖房シーズン中の豊田家の室温と、外気温を比較したグラフです。
豊田家の暖房期間は、12月27日〜2月26日(約2ヶ月)

暖房開始は、本当は1月に入ってからと思ってましたが、息子さんがインフルエンザを患ってしまい、急遽エアコンのスイッチを入れました。



青い線がギュンと上がってるのが、暖房をつけた時です。エアコンが稼働して温度上がった為ですね。エアコン温風は床下の基礎に向けて発してますので、床下のスリット部分近い位置に置いた、青い線の温度計が反応してます。それに気づいて1月25日に温風が当たらない場所に変えました。温風が出ると言ってもエアコンから6m近く離れているので、手をかざしてほんのり感じる程度。温度計の位置を変えると、赤い線の寝室の室温とあまり変わり無くなりました。

他の部屋というと、家中の戸は開け放しにしているので温度差はあまり感じないです。北側のトイレもあまり室温は変わりません。

グラフを見ると一番温度が下がった時が1月25日の朝5時半で、16.6度でした。



次に、1日にどの位の時間、暖房していたのかをグラフにしました。
暖房はエアコン一台、20度設定です。
曇ったりして、日射が望めない日は長い時間暖房付けてましたが平均にすると3時間位。

調子に乗って、無暖房で過ごした次の日は、暖房時間がグンと伸びてるのが分かります。無暖房でも大丈夫な日でも、3時間程度つけるべきだったかな〜。反省点です。
来年は天気予報を見ながら暖房してみよう。


次に、我が家の暖房はエアコンのみなので、電気使用量を確認してみました。

因みに上記のグラフは、引越し前の平成24年と平成25年のデータです。

電力会社さんのホームページで登録すると、過去データが簡単に確認できますよ。

我が家は自宅兼事務所にしてますので、パソコン2〜4台や蛍光灯が常に付いてたり、大きな複合機と小さな複合機とプリンターやらあったりで、一般家庭よりも使用量が多いです。

引越し前と引越し後を比べてみました。
比べる前に基礎情報を。

【引越し前】
・築年 平成22年築 一戸建て
・延べ床面積 約23坪
木造平屋建て ロフト等無し
・場所 いわき市
・給湯 ガス ・調理 ガス ・食洗機 なし
・暖房器具 エアコン3台 電気ストーブ2台

【引越し後】
・築年 平成25年築 一戸建て
・延べ床面積 約23坪
木造平屋建て ロフト有り
・場所 いわき市
・給湯 ガス ・調理 ガス ・食洗機 なし
・暖房器具 エアコン1台

引越ししても延べ床面積があまり変わりませんが、ロフトや吹き抜けが増えていて気積は増えてます。
この2棟は同じ市内にあり、車で10分くらいの位置。気候の差は大きく変わりは無いです。

生活面で引越し後に変わったのは、息子さんの誕生により洗濯回数の増加したのと、調理回数が増加したこと。照明をつける部屋も増えました。パソコンも一台増えました。

さあ、それらを踏まえて見てみましょう。

引越しは平成25年の12月。
平成25年は妊娠・出産・引越しが重なり、私が長期間実家に居たり、家に帰っても家事をしなかったりが多かったので、
データ比較するには適していないため省きました。

無暖冷房時期の5〜7月は若干多くなったものの、冬の暖房時期は一目瞭然です。
平成26年の年は3月まで暖房しました。平成27年3月のデータはまだですが、無暖房で過ごす予定なので12月と同じ位かな?

引越し後では電気(暖房)使用量がだいぶ抑えられたのを確認出来ました。

最後に、室温を比較。
引越し前と後の設計室の室温です。


ちょっと見ずらいので、橙色の四角の部分を拡大してみました。



引越し前(青い線)は、局所暖房で一部屋しか暖房してませんでした。他の部屋は測ってないものの、やはり寒く感じました。
特に夜間のトイレ。と脱衣所ですね。
暖房を止めると、大きく下がってくのが分かります。10度以下になる事もしばしば。
一方の引越し後(赤い線)では、大きく下がる事は無いのがわかります。


たまたま同じ面積で同じ平屋の家に同じような生活条件で住んでたので比較しやすかったです。
こう比較すると、前の家の性能が余程悪かったように見えてしまいますが、前の家にはペアガラスや断熱材も入ってましたよ。
今の家は、壁の厚さが倍。断熱性能重視ですので、差が出て当然です。

おかげさまで、断熱オタクの設計する家の心地よさを感じることが出来ました。

そんな豊田家の断熱性能を知りたいマニアックなあなたへ。



↑豊田家の断熱性能です。
北や東の小窓を木製窓とかにすれば、もっと省エネな暮らしが出来たかなーとか。コスト的に無理だったのですが。


JUGEMテーマ:節約&エコグッズ


 


| 自邸の事+子育ての事 | - | - |
1年記念日。引っ越してから
御代から、中之作に引っ越してきてちょうど1年になりました。

思えば、1年前、生後2か月の息子さんの世話をしながらの引っ越し。

思い返すと、よくやったなぁ、、と。

まだねんねの頃だったので、バウンサーに座らせながら片付けをしていました。

ねんねの頃だったからこそスムーズに出来たのかもしれないですね。



息子さんが誕生し、事務所も自宅もお引越し。

そりゃあ生活は一転しました。



はたして中之作になじめるのだろうか?

海の目の前で、もろもろ大丈夫だろうか?機械はさびないだろうか?

浜風は?子供の遊び場は?NPOとして活動してる古民家と上手くやっていけるのか?



そんな不安を不安として考えている暇もなく、あれよあれよという間に時は過ぎていきました。



1年がたち、結論から言うと

中之作は快適でとても住みやすい場所という事が分かりました。

夏は海からの風がとても心地よいし、扇風機もエアコンもいらない。

冬は山を背にしているおかげか、北風が少なくて、いわき市ならではの太陽サンサンのおかげで晴れた日は外も暖かい。

なにより、海が見える景色が最高だ。

そして、人も良い人ばかり。

何かと近所の方々にお世話になっている。

引っ越したばかりの新参者なのに、子供のお下がりをいただいたり。

野菜やさんまやかつををいただいたり。かつをに至っては、私がさばけないもんだから、ナナメ後ろの家のお母さんにさばいてもらったり。



なんかほっこりする場所なのです。



初めての育児をこの場所でできた事に幸せを感じます。



みなさん、ありがとうございます!これからもよろしくです。



引っ越してすぐの打ち合わせ室↓



さっぱりしていて綺麗ですね。



引っ越して1年の打ち合わせ室↓



息子さんが降りてこないように柵を設けました。

テーブルを新しくしました。正木屋材木店さんのオリジナルテーブルです。

アイアンの脚がかっこいいのです。

打ち合わせ室兼自転車部屋ですね。



↓広く感じたロフト









荷物と本がびっしり詰まってます。

最近はここにiMacを置いて、息子さんとだんなさんがアニメをみて楽しんでいます。



↓ちいさいけど、リビング兼食堂



息子さんはまだねんねの頃。

いたずらしないので、一番ゆったりできた頃かもしれないです。



↓一年経って、リビング兼食堂兼遊び部屋と化しました。



息子さんは散らかしほうだい。

とにかく手の届くところはいたずらしまくります。

杉の無垢板は、ごはんをこぼしまくりでべたべた・・・(これはすぐどうにかなる。)
おもちゃをたたきつけてボロボロ・・・(これはどうにもならない。涙)

わかってた。杉はやわらかいし、傷みやすいのはわかってた。

わかってて、じゅうたんとか何も敷かなかった。



何より、無垢板は素足で気持ちいいし、掃除もしやすい。

無垢の心地よさに触れてほしくて、あえてそのままで過ごしました。

なので、何も言うまい。傷ひとつひとつが思い出さ。



最後に。

豊田邸、事務所付23坪。

12月9日現在。

暖房器具はエアコン1台のみですが、今季はまだ一度使用しておりません。

天気の良い日は、25度以上室温は上がり、朝方の寒い時間でも18度以下にはまだなってません。

クリスマスまで無暖房でいけるかなー??

とかちょっと無謀とも言える宣言をしつつ、快適に過ごしてます。

事務所兼としているので、機械熱とかの内部発熱が一般住宅より多いので、もしかしていけるんじゃないか?

とか思いつつ。



息子さんが泣いたので、ここで失礼。









| 自邸の事+子育ての事 | - | - |
夏の報告と秋だより。
今年の夏は、中之作で過ごした初めての夏。
例年どおりの暑い夏でしたが、設計室から見える港の風景は気持ちを涼しくさせてくれました。

昨年の夏は、臨月でお腹も大きく、これでもかという位に暑く感じて悪いとは思いながらもエアコンをガンガン使ってました。
それも朝から、夜中に寝るときも。
前の家は、大きく3つの部屋に別れてて、設計室・台所&打ち合わせ兼食堂・寝室の部屋それぞれにエアコンがあり、
2箇所同時に使ってました。
特に、事務所として機能しているので、機械熱がとにかくすごいのです。
8帖ほどの部屋にパソコン3台と複合機2台、大人3人。エアコンをフル稼働でもパソコンが熱暴走する始末。

そんな生活が、

中之作に引っ越してから、夏のエアコン稼働時間がなんとたったの4時間!
そのうちの1時間は実験的に7月の中頃に稼働させたのでした。(すぐに部屋が冷え、子供が寝てたので止めました)
数日は扇風機を1台だけ使ったのですが、他の日は窓をあけるだけで充分過ごせました。

部屋の大きさと機械の台数や人員もさほど変わりのない(むしろ0.5人位増えた)設計室はというと。
他の部屋よりも温度はやはり高め。
実は設計室の海が見える窓は、海を眺める為だけの窓なので開かないのです。(風で書類が飛ぶのを防ぐため)
それでも、あの暑がりの所長がエアコンなしで大丈夫でした。

古民家の方は、言うまでもなく快適!
中之作、アンビリーバボー!
(ちなみに、御近所さんは扇風機すらない家も多いです)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
すっかり涼しくなって、秋を感じる毎日です。
去年はもっと暑さが続いたような。息子さんは去年産まれて1ヶ月くらいは薄着というより肌着で過ごしてた記憶があります。

9月22日、小名浜港にさんまが水揚げされる!
との情報を聞きつけ、見に出かけました。
小名浜港までは車で約5分。

さんまが大量!小名浜で水揚げですが、船主さんは中之作(御近所さん)だそうです。
脂がのってて美味しそう!さんまは北海道で取れたそうです。

そいや、中之作に引越しをしてからというもの、お魚のおすそわけが多くなりました。
かつを、いわし、さんま、いか等。新鮮なお魚。
残念ながらかつをを捌く技量が無いため、これまた近所の奥様に切り身にしてもらったり。
引っ越してきたばかりの新参者ですが、中之作の方々にはとても良くしていただいてます。


他にも、稲刈りを体験したり。


どんぐりを拾ったり。


芸術にふれてみたり


文化に親しんでみたり。



 


| 自邸の事+子育ての事 | - | - |
1歳になりました!
息子さん、
9月17日で生後1年を無事に迎える事ができました!

私も母になって1年。
長かったような。あっという間だったような。

とにかく、毎日が必死で、手探りで、日々を乗り越えてきたように思います。

一年前のあの日。
予定日よりも10日も過ぎ、まだかまだかと焦る中、
産科の先生より「促進剤打ちましょう」と言われ、予定通りに朝8時半から促進剤投与。
あれよあれよというまに陣痛が来て、11時過ぎに産まれてきてくれました。

あの時はとても辛く、痛く、長く感じたけれども、1年経って思い出すと、安産だったんだなぁ。
としみじみ。

そんな息子さんは、誕生を待たずにあんよが出来るようになりました。
 
家の中では、ベビー用の柵を3箇所設けました。

台所⇔食堂 打ち合わせ室⇔食堂 廊下⇔食堂

我が家の小さな食堂兼リビングは、もっぱら息子さんの遊び部屋。
危ないものは何も置いてないので、一人遊びしてる間は仕事ができます。
台所で炊事中や、設計室や打ち合わせ室で仕事中も遊ぶ姿を確認することができるのですが、
息子さんは遊んで欲しくて猛アピール!

柵の上や隙間から、おもちゃを投げまくり!
絵本は食べまくり!ガラスにはガンガン頭を打ち付けるし。。。

一人遊びはせいぜい30分かな。

車で5〜8分程度の場所に、アクアマリンふくしまがあるので年間パスポートを買いました。

天気が悪い日などのお散歩コースに。
沢山歩こうね〜


 


| 自邸の事+子育ての事 | - | - |
夏の西日対策にすだれ

6月も後半!
息子さんにとっては2回目(?)の夏。
新居では初めての夏を迎えます。

23坪しかない我が家のとても小さな食堂兼リビングは西側に1間の窓があります。

窓を開ければ涼しい風が入ってくるのですが、はいはい&伝い歩き真っ盛りの息子さんは網戸にしておくと、そこに寄りかかったり、舐めたり、開けて外に転げ落ちたり・・・。開けとくことができません。

西に山があるので日が沈むのは早いのですが、軒があるものの午後から日が沈む4時頃までは結構日差しが入ってきます。
そろそろ夏対策を考えなければと思ってました。

そこで買ってきました。ホームセンターで簾!

(窓の外にはウッドデッキを建設予定。)


見た目にもとても涼しく、建物にも合ってる。

そして何より、とても安価!!
2,000円しないで取り付け完了♫
使わないときは、簡単にくるくると巻き上げる事もできます。

安いので、1年で使い切りでも金銭的に痛くないです。

息子さんは、ゆれる簾の影で遊び中

あるのと無いのとでは日差しが全然違うので、暑さもだいぶ柔らげられます。

太陽の光は物質にあたることで熱に変わります。
建物の中に熱を入らないようにするのには、建物の外で光をシャットアウトする事が大切です。
外からの視線もシャットアウトできちゃうので一石二鳥!

すだれの他に、よく目にするのは朝顔などのグリーンカーテン。
育てる気力と自信が無いのですが、過去のお客様にはぶどう棚を作ってた方もいました。
ぶどう棚も憧れるなぁ〜。

今年の夏は、エアコンも扇風機も無しでいけたらいいなぁ〜


| 自邸の事+子育ての事 | - | - |
我が家の食品庫
JUGEMテーマ:注文住宅

昨日、仕込んだ梅シロップ&梅酒の保存場所。

23坪の小さい我が家ですが、食品庫があります。
廊下の突き当たり。北側の陽の当たらない場所に設けました。
 

ロールカーテン(曲がってる・・)が下がっている写真左側は、収納になってます。
主にコートとか、掃除用具とか、日用品なんかが収納されてます。

正面の扉が食品庫。断熱材で囲いました。
しかも、ロフトに上がる踏み台も兼用です。

食品庫の上には(今の所)椅子で上がってます。(大人なら椅子なしでも上れます)
子供が勝手に登らないように、今の所は上りずらくて良し!


開け放しは厳禁なので、撮ったらすぐ閉めました!

食品庫の扉を開けると、こんな感じに収納スペースになってます。
棚の後ろ、上、左右には高性能16Kグラスウール断熱材が100ミリ充填。
扉も断熱材を入れて作ってもらいました。

冬に全室暖房をするので、どこもかしこも暖かくなってしまい、
冷蔵庫に入れるまでも無い野菜などの傷みが早くなってしまうのでいわゆる【冷暗所】になります。
床下も暖かくなってしまうので、食品庫が無いと困りものです。

冷蔵庫のようにヒヤっとする訳では無いですが、部屋の温度に左右されにくい唯一の場所ですね。
 
そんな食品庫の中が梅シロップさんと梅酒さんの居場所となりました。

まだ2日目ので、さほど変化はありません。

梅シロップさんは約1ヶ月。毎日混ぜます。
梅酒さんは半年後。

授乳期終わらないと飲めないけどーー!


| 自邸の事+子育ての事 | - | - |
古民家との関係 
JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

いわき市の比較的内陸の方から、中之作の港の目の前に引越しました。
同じいわき市内でも知名度は低く、いわき市民の友人からも
「中之作ってどこよ!?」って聞かれます。
驚いたのは、市役所の方にも「中之作ってどの辺ですか?」と聞かれた事。
うーん、市役所職員さんは知ってて欲しかったなぁ。

私たちがこの中之作にご縁があったのは震災前から。
趣味にしている自転車でよく走っていました。

海まで200mという近さなので津波も来た所。
今住んでいる家は築200年古民家とつながっています。

実は、この家とのご縁は震災のほんの少し前の2011年1月に前の所有者さんからリフォームの相談を受けていました。
私は相談を受けたときに訪問には行かなかったですが、旦那様である所長が見に行っていました。
螺鈿細工の床の間、吹抜けに面した神棚、太い梁、けやきの一枚戸、箱階段、彫刻・・・。
帰ってきた所長さんが興奮して帰ってきたのを覚えてます。

「すごく格好良い家を見てきたよ!」
と。

まさか、その家に住む事になるとはその時は夢にも思いませんでした。

震災後に気になって訪れた所、幸い建物は残っていたものの【解体】の張り紙がありました。
お話を聞いてみると、建物を残すのは諦めてしまったとの事。
どうにかこうにかお願いをしまして、その年の11月に譲ってもらいました。

(ここに至るまでは、葛藤や親族からの反対の声とか色々ありました。正直、不安はありまくりでした。)

譲ってもらい建物解体の危機はまぬがれたものの、修復するお金がありません。
そのままにしてしまうと建物はどんどん傷んでしまう。

さて、どうしよう。

そこで資金面や建物の維持管理の事を考えてNPO法人を立上げました。
また、同時に私たちの住まい&仕事場も移転する事に決めました。
それまでのエピソードは多々ありますが、省略します。(NPOのブログに書いてるかも)

立ち上げたNPO法人はこちら→中之作プロジェクト (レンタルスペースとして活用してます)
ブログもあります♡→ブログ

築200年の古民家はそのままに、L字型につながった建物を綺麗にして住んでます。



200年の建物の方は徐々にですが知名度もあがり、
なんと!NHKさんで全国放送されるまでに!(←じまん)
あの!綾瀬はるかさんが来たんですよ!(←もっとじまん。とにかく綺麗でした!)

1分間番組ですが、動画をNHKさんのサイトで見れます。
こちら→綾瀬はるかのふくしまに恋して♡

話がそれましたが、NPOと設計事務所の2足のわらじを履いちゃったもんだから、さあ大変!
その上、嬉しい事に子供も産まれてわーわーわー!

さらに今年は庭に【かまど小屋】を作っちゃいます!
小さい小さい小屋ですが半分は素人工事で作るので、いつ完成になるやら・・・。
(かまど小屋づくりのワークショップのお知らせはNPOのブログでお知らせします)

 


| 自邸の事+子育ての事 | - | - |
引越しから半年です
JUGEMテーマ:注文住宅

引越ししてから、半年が過ぎました。
息子さんももうすぐ9ヶ月になります。
離乳食もいよいよ後半戦へと突入。わたわたわたと日々が過ぎていきます。

妊娠中は未知の子育てに夢を持ち、余裕かましてたのですが、
イザ!産まれて子育てが始まると、全然自分の時間もてなーい!

そんなもんですね。

息子さんは生後3ヶ月で今の家にお引越し。
首がすわってない息子さんをだっこしながら作業を出来るはずもなく
寝ているスキにせっせかと片付け&荷物運びをしたのは大変でした。

半年たった今でも引越しの途中って感じです。

さて、引越して初めての冬が終わり過ごしやすい季節になりました。
これから夏に向けて家の中の環境はどうなのか!?
実父からは「冬、こんなに暖かいんじゃ夏はあついんじゃないの!?」な〜んて言われてますが、
目の前は海。
海からの風がひんやり気持ちいいのです。


玄関開けると、そこは海。

近所の方にお話を聞くと、エアコンはおろか扇風機すらないよ〜ってお宅ばかり。
すばらしすぎる環境ですぜ!


 


| 自邸の事+子育ての事 | - | - |
自邸の温度測定
 引越しをしてから、自邸の温度測定をしています。
測定場所は、陽当りの良い設計室と、寝室の陽が当たらない場所です。


暖房方式は、北側の廊下床下に置いてあるエアコン一台(設定温度20℃)

約23坪の家を丸ごと全室暖房です。
エアコンの熱は、床下のコンクリートを暖めて蓄熱し、
事務所設計室と書庫、打ち合わせ室の段差部分に設けたスリットから
じわ〜っと暖かい空気が上がってきます。


踏み台に足を乗せると幸せな気持ちになります。


寒くなった1月下旬から昨日までの温度測定をグラフにしてみました。

*クリックで拡大します

赤い線の『床下』の線で極端に温度が上がっている部分が暖房時間です。
ギザギザになっているのは、設定温度に達して自動的に止まったり動いたりしている為。

特に寒さが増して雪が降った2月4日から大雪の2月9日までを拡大したグラフです。

*クリックで拡大します

12月に引っ越してきてエアコンのスイッチを入れるのは、
一日に夜の6時から9時頃の約3時間程度。
1月に入って寒いと感じた日は4時間程度。

グラフを見ると、陽当りの良い設計室は6時半の日の出と共にぐんと室温が上がるのが分かります。

さすがに雪が降った2月4日から5日にかけては、
陽が入ってこないため、室温も上がらずなのでエアコンの時間を伸ばしました。

寝室は陽当たりに関係なく、一定してますね。
室温が一番下がった時で、16.9℃でした。

雪が降った日も、夜中で18〜19℃だったのでエアコンの運転時間はもうちょっと少なくても良かったかなと反省中です。
とは言っても、授乳やおむつ交換の為に何度も起きるので、起きるたびに寒い思いをしなくても良いのは嬉しいです。

最初の冬で、寒い時期に引渡しという事で、躯体に熱が溜まっていません。
来年はもっと良い数値になる事を期待!


| 自邸の事+子育ての事 | - | - |
1/2PAGES >>
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Links
counter

アクセス解析タイ・バンコク情報



累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
twitter
Mobile
qrcode
Sponsored Links