2013年の暮れ、事務所&住まいの引越しをしました。
海に面した約23坪の小さい家に事務所と自宅を構えてます。
敷地内の築200年の古民家も管理してます。

豊田家的エコ&ミニマムな生活を綴ります。
『内郷の家』完成内覧会
 地震の影響で竣工が遅れてしまいましたが、
『内郷の家』が完成となりました。


完成内覧会を開催いたします。

その前に、少しだけご紹介。




足下を照らすやさしい明かり。

この階段照明はお客さまのこだわりのひとつ。
電気に詳しいお客様自らの工事です。

いつものニコちゃん収納も健在です。
1階と2階でそれぞれ3コづつ。



全部引き出すと・・・。


椅子にもなるし、テーブルにもなります。
重さが加わるとストッパーが働いて動かなくなる仕組みです。



おまちしてます

******************************
『内郷の家』完成内覧会

■日時  平成23年5月7日(土) 8日(日)
      AM10:00〜PM16:00

終了いたしました!ありがとうございました。


| 内郷の家 | - | - |
内郷の家の進捗
 内郷の家は内部造作が終わりに近づいてきました。

家具もほとんど取り付けられ、仕上げに入っていきます。



 

今日は、お客様と内装の色の打ち合わせ。
とは言っても、決める所はあとわずか。
大人だけで打ち合わせをしていると・・・・。



いつの間にか、Mちゃんがホウキとチリトリ持ってお掃除してくれてました(笑)

少し前の事ですが・・・。
夕方現場に訪れた時の画像をいくつか。



なんでか、夜の工事現場って好きなんですよ。
大工さんの道具が置いてある風景や木の香り、足場とか。
そして、あの工事用の照明器具。


この照明器具が、大好きです。え?マニアック?
いやいや、この照明器具が似合う家にいつか住む!(笑)


こんな風景とか。

図面どおりなら、棚奥に壁を作ってふさぐ予定でしたが
下の階から漏れる明かりがとても綺麗だったので、
お客様と相談して壁ではなく、明かりが届くアクリル板に変更しました。

日が暮れてからの現場も、良い発見が沢山あるので大好きです。

内郷の家は完成内覧会を行う予定です。
案内はもうしばらくお待ち下さい。


| 内郷の家 | - | - |
現場見学会終了しました!
『内郷の家』の現場見学会を先週の土曜、日曜行いました。

その日はとても寒く、天気予報でも雪マークでした。
降るかなー?と思ってたら、土曜日の夜にふり、日曜日には初積雪でした。
なんというタイミング!

こんな天気でお客様来るかなー??と心配でしたが、
たくさんの方に来ていただきました。
寒い中、また、お忙しい中ありがとうございました!

そして、内郷の家のお客様、ありがとうございました!(完成見学会もよろしくお願いします!)



『内郷の家』は家ナビさんと一緒に研究開発をしている『省CO2いわき型家づくり』のプロトタイプです。
研究の一つとして。この『内郷の家』をモデルに100以上の省エネシュミレーションをしました。
その結果をパネルで展示、その説明をしている所です(↑写真)

雪は積もったものの、すぐに溶けて太陽光がさんさんと降っていました。
さすがいわきです。
断熱材が完全に入っていなくとも、陽の当るところにいれば、ぽかぽか暖かいです。

まだサッシも何点か入っていないところがありましたので、すきま風にはやられましたけどね。


後付けみたいに聞こえてしまいますが、
『内郷の家』は長期優良住宅でもあります。そのための構造見学会でもありました。

完成は3月末〜4月です。完成見学会も行う予定です。




| 内郷の家 | - | - |
内郷の家、始動!
 先月、内郷の家の地鎮祭を行いました。



2031.jpg

内郷の家は、長期優良住宅です。
2階の眺めを考慮して、リビングを2階に配置したプラン。

2階妻側、壁の上部は「蔵の置屋根」をイメージしたデザインです。
「常陸の家」に続いて2軒目ですね。


日中室内のガラスから漏れる明かり。
そして、夜の外に漏れる明かり。
まだ工事は始まったばかりですが、現場に足を運んでは出来上がりをイメージしています。

先日、内郷の家のお客様と一緒に郡山まで設備のショールームめぐりに行ってきました。
行きの車内では、奥様と前回書いた記事について盛り上がりました。

内郷の家では、「家事がしやすい」を意識したプランです。
ぐるり回れる家事動線。

今までも、ぐるり回れる家がほとんどでしたが、
内郷の家では、回れる所が盛りだくさんです。


| 内郷の家 | - | - |
模型をつくりました。
 実施設計の真っ直中のH様邸の模型を作成しました。

これまでCGで何回か検討&打ち合わせを重ねてきましたが、今回は模型を使い検討をします。
2031.jpg

CGでも模型を写真に納めたように見たり、くるくる回してみたりできますが、実際に手にとって模型を見るとまた違った視点から見ることができます。
また工事屋さんに見てもらって設計の意図を伝えたりするツールとしても使います。

作る手間はどちらも似たようなものですが、材料費がかからないのがCGのメリットです。
何度も作り直しが可能だし、実際に近い日照の検討も可能です。

しかし、どこかぬくもりのある模型の方がやはり人気がありますね。

2038.jpg

実は、写真の模型で2個目です。(一個目は3〜4時間で仕上げたスタディ模型)

模型を眺めながら、H様の娘ちゃんが元気に駆け回ってる姿を思い描いたりしてます(笑)

*************************

今日はもう相談中だった家の契約日でした。

基本設計はだいぶ固まっていますが、まだまだこれからです。

長い道のりに感じると思いますが、『家づくり』を一緒に楽しんでいきましょう!

どちらかが一方的に。じゃなく、お施主様と設計士が『一緒に』そして『楽しみながら』練っていく家づくりは最高の家に近づく秘訣です。





| 内郷の家 | - | - |
1/1PAGES
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Links
counter

アクセス解析タイ・バンコク情報



累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
twitter
Mobile
qrcode
Sponsored Links