2013年の暮れ、事務所&住まいの引越しをしました。
海に面した約23坪の小さい家に事務所と自宅を構えてます。
敷地内の築200年の古民家も管理してます。

豊田家的エコ&ミニマムな生活を綴ります。
島根県の石見銀山へ

平成28年9月9日午後3時。

本当は所長がいくはずだった視察に急遽代理として行くことが決まったのは、出発の3時間前でした。

 

行先は、ここ福島県いわき市から約1,000キロ以上離れた島根県は石見銀山。

世界遺産に指定されている地域でもあります。

(石見銀山の町並み)

 

私たちが視察としてこの地を選んだのは、群言堂(石見銀山生活文化研究所)さんの活動を間近でみる為です。

群言堂がある大森町は石見銀山の麓にあり町並みは文化的景観として世界遺産の一部として登録されています。

 

古い建物が並ぶ集落は、鉱山が閉鎖されるまでは銀を算出する町として栄えていたそうです。『銀山旧記』によると多い時で人口が20万人にも達していたとか。いわき市の人口が約35万人と考えると、この山間の小さな集落にこれほど人が住んでいたと思うと驚きです。現在は400名ほどが暮らしています。

話を戻して、群言堂へ。

石見銀山生活文化研究所の創立者である松場登美さんが大森町へ嫁いでから今まで時間をかけて古民家を修復・移築をして築き上げた場所とのこと。今や全国ブランドだけど、本店は石見銀山。

驚くのは、若い女性が多い事!こんなところ(失礼!)にこんな若くて綺麗な女性がいるなんて!

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

センスが光る店内。

細かい所にも配慮が行き届いているのに緊張感がなく落ち着く何とも不思議な空間です。

置いてあるもの一つ一つに心が込められている気がしました。

 

他にもカフェや宿もあって、そちらにも若いスタッフさんがいるとか。

かつては寂れて高齢過疎化が進んでいたこの町にこんなに若い方が住んでいるのかと思うと驚きを隠せないです。

 

群言堂を出て、重要文化財に指定されている熊谷家住宅や武家屋敷等も見てきました。

この地域でつくられている石州瓦も美しい町並みを形成している役割を十分担っています。

 

大火があり、建物の多くは築200年ほどとの事。

清航館よりも若い(?)じゃないか!

 

ボランティアガイドの方と。

 

 

宿泊は石見銀山から車で約50分の所の温泉津(ゆのつ)温泉という所。

道を間違えて山道を通ってしまい、30分近く余計に時間がかかってしまいました。

 

小さな港があるこの町はどこか中之作に似た雰囲気。

午後6時を知らせる音楽を聴くと懐かしささえ感じます。

 

宿泊は、港からすぐそばの古民家を改修したゲストハウス「メグルヤ」さん。

広島出身のオーナーがこの地に移住して家族で経営しているこのゲストハウスには夜になると近所のおじさんがふらっとお酒を飲みにやってくる。地元の方に暖かく受け入れている感じが見受けられました。

 

温泉街なので浴衣を来た観光客もふらっと入ってきます。とたんに地域交流の場に変化していました。

 

ここはかつて石見銀山から産出される銀の積出港にもなっていた重要な港だったそうです。

国の重要伝統的建造物群保存地区として選定され、大森町と同じく世界遺産の一部とのことでした。

 

朝、早起きして散策をしました。

 

iPhoneImage.png

徒歩1時間も散策すれば往復できる程の港町です。早朝ウォーキングをしている案内人の方に街の事を色々教えていただきました。

朝は地元の方と一緒にラジオ体操もしました。

 

iPhoneImage.png

温泉地なので旅館が立ち並び、レトロなデザインの銭湯もあります。

 

 

石見銀山をみて感じて何かヒントを得ようと福島からはるばる自動車で島根県まで来たわけですが、「暮らしと仕事」が密接してるなぁと感じました。

 

【地に根差して暮らしながら仕事をする】

そんなキーワードが浮かんできました。

 

子育ての合間に仕事をする。仕事の合間にふらっと近所の人がやってくる。

生活の一部に仕事場がある。生業に誇りをもって、生業と暮らしが共存する。楽しみながら愛おしみながら生活をしている。

移住して来た方もそれを楽しんでいるように見えたし、元々住んでいた方も暖かく受け入れている。

 

かつては日本中のどこにでもありふれたそんな風景が今、求められているものなのではないだろうか?

今回の旅の帰りにそんな事を考えていました。

 

石見銀山と中之作では同じ日本といえ違います。

けれど、かつて松場登美さんも「こんな所に誰も来ない」と言われたように、石見銀山の世界遺産登録の際に地元の方から「ただの穴だ」と言われてたように、私が今住んでいるこの地域も「何もない」訳ではないと思います。

 

現に、この中之作に住んで2年半過ぎますが、住む年数が増え地域の顔が見えてくるほど魅力が増してくのです。群言堂で見た、若い世帯が働きながら暮らせる町。この地にも可能性はあります。少子高齢が進む町の課題の解決へのヒントを少しもらえた旅になったと思います。

 

また行く機会があれば、今度は他郷阿部家へ宿泊したいなぁ。それから、出来たら飛行機で。



| 建築日記 | - | - |
省エネに関する【住まいづくり講座】で喋ります。

9月17日(土)にいわき市生涯学習プラザ 中会議室にて

住まいづくり講座の講師として豊田設計代表の豊田善幸が講師として壇上に立ちます。

 

省エネに関する住まいづくりの講座です。

ご興味のある方は是非お越しください。

 

 

詳しくは→http://www.fre-net.jp/?p=5777



| お知らせ | - | - |
もうすぐ3歳

何と前回の更新から1年以上も空けてしまいました。

息子さんはもうすぐ3歳になろうとしています。


本当、よく喋る。水玉ボーイ(笑)

保育園にも通い始めました。



相変わらず元気に過ごしています。

我が家では、最近[KAPLA]という細長い積み木を購入し、親子でハマっております。



息子さんはもっぱら2次元で人の形を作ってます。

そして

お父さんが積み上げた完成間近のやつをゴジラの如く壊します。(笑)


9月に入り、秋めいてきました。
今年の夏は暑かったですね。海沿いとはいえ、2回程エアコンをつけて仕事しました。



夏の思い出は沢山ありますが、古民家でカキ氷屋さんのお手伝いをしたのがやはり一番記憶に残ってます。

手作りシロップは優しい味です。



また、インターンシップ(ホームステイ?)として2人の女子大生を受け入れました。

将来建築の仕事に就きたいという彼女達と一週間ほぼ一緒に暮らしました。
彼女達の前向きな姿勢や、キラキラした眼差しに癒やされ、食欲に驚き、笑いが絶えない一週間でした。

彼女達と接する中で、自分の若い頃を思い出したり、初心を思い返すきっかけとなり、自分にとってもとても為になる一週間だったと思います。

また、改めて中之作は良い所だなぁと感じてしまいました。



今日も穏やかです。



| まったり日記 | - | - |
小名浜のパン屋さん もうすぐOPEN
気づいたら5月も半ば。半袖にするか長袖にするか毎日悩みます。

先日、小名浜の某店舗兼住宅の引き渡しを行いました。
某店舗・・・って、バレバレですが。パン屋さんです。

1階が店舗、2階が住居です。

引き渡しから数日たち、息子さんを連れてお邪魔してきました。

この日は外構工事真っ最中。車から降りた瞬間、甘くておいしそうないい匂い♥

奥さまが、イチゴジャムを作っているところでした。
おいしそう。


パンの試作も行ってました。
以前店舗を構えていた松本市と気候も水も違うため、試作期間が必要なんだそうです。

店舗部分も覗いてきましたが、写真は後からのお楽しみとしましょう。
是非、足を運んでください^^



住居部分は2階になります。


息子さん、のぼる。


2階はキッチン、リビング、ダイニング、小上がりの和室、インナーバルコニー、ロフトがひとつながりになった空間です。


コの字型にロフト。


いたるところに、旦那さんの手作り作品が。ペーパーホルダーも。

浴室とインナーバルコニー。


奥さま手作りの、のれん。掲げる日まであと少し。



帰りにパンをいただきました。
早速、むすこさんは車の中でもぐもぐ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちょうど2年前に、松本市で店舗を構えていたころにお店にお邪魔したとき。
生活スタイルを見せてもらうためにお邪魔したのですが、パンを間近で見せてもらったりと興奮しました。
この時、私の息子さんはまだおなかのなか。

その時に撮ったパンの写真です。

オープンまで待ち遠しい。


| 某店舗新築工事 | - | - |
冬の電気使用量と室温
いつの間にか3月です。

息子さんはいつの間にか立って歩き、単語を少し話し、歌を歌って踊るようになりました。

豊田家の暖房シーズンは2月26日でいったん終了。
(寒くなったら付けるかもしれないけど)様々なデータを測ったので整理してみました。


まずは、暖房シーズン中の豊田家の室温と、外気温を比較したグラフです。
豊田家の暖房期間は、12月27日〜2月26日(約2ヶ月)

暖房開始は、本当は1月に入ってからと思ってましたが、息子さんがインフルエンザを患ってしまい、急遽エアコンのスイッチを入れました。



青い線がギュンと上がってるのが、暖房をつけた時です。エアコンが稼働して温度上がった為ですね。エアコン温風は床下の基礎に向けて発してますので、床下のスリット部分近い位置に置いた、青い線の温度計が反応してます。それに気づいて1月25日に温風が当たらない場所に変えました。温風が出ると言ってもエアコンから6m近く離れているので、手をかざしてほんのり感じる程度。温度計の位置を変えると、赤い線の寝室の室温とあまり変わり無くなりました。

他の部屋というと、家中の戸は開け放しにしているので温度差はあまり感じないです。北側のトイレもあまり室温は変わりません。

グラフを見ると一番温度が下がった時が1月25日の朝5時半で、16.6度でした。



次に、1日にどの位の時間、暖房していたのかをグラフにしました。
暖房はエアコン一台、20度設定です。
曇ったりして、日射が望めない日は長い時間暖房付けてましたが平均にすると3時間位。

調子に乗って、無暖房で過ごした次の日は、暖房時間がグンと伸びてるのが分かります。無暖房でも大丈夫な日でも、3時間程度つけるべきだったかな〜。反省点です。
来年は天気予報を見ながら暖房してみよう。


次に、我が家の暖房はエアコンのみなので、電気使用量を確認してみました。

因みに上記のグラフは、引越し前の平成24年と平成25年のデータです。

電力会社さんのホームページで登録すると、過去データが簡単に確認できますよ。

我が家は自宅兼事務所にしてますので、パソコン2〜4台や蛍光灯が常に付いてたり、大きな複合機と小さな複合機とプリンターやらあったりで、一般家庭よりも使用量が多いです。

引越し前と引越し後を比べてみました。
比べる前に基礎情報を。

【引越し前】
・築年 平成22年築 一戸建て
・延べ床面積 約23坪
木造平屋建て ロフト等無し
・場所 いわき市
・給湯 ガス ・調理 ガス ・食洗機 なし
・暖房器具 エアコン3台 電気ストーブ2台

【引越し後】
・築年 平成25年築 一戸建て
・延べ床面積 約23坪
木造平屋建て ロフト有り
・場所 いわき市
・給湯 ガス ・調理 ガス ・食洗機 なし
・暖房器具 エアコン1台

引越ししても延べ床面積があまり変わりませんが、ロフトや吹き抜けが増えていて気積は増えてます。
この2棟は同じ市内にあり、車で10分くらいの位置。気候の差は大きく変わりは無いです。

生活面で引越し後に変わったのは、息子さんの誕生により洗濯回数の増加したのと、調理回数が増加したこと。照明をつける部屋も増えました。パソコンも一台増えました。

さあ、それらを踏まえて見てみましょう。

引越しは平成25年の12月。
平成25年は妊娠・出産・引越しが重なり、私が長期間実家に居たり、家に帰っても家事をしなかったりが多かったので、
データ比較するには適していないため省きました。

無暖冷房時期の5〜7月は若干多くなったものの、冬の暖房時期は一目瞭然です。
平成26年の年は3月まで暖房しました。平成27年3月のデータはまだですが、無暖房で過ごす予定なので12月と同じ位かな?

引越し後では電気(暖房)使用量がだいぶ抑えられたのを確認出来ました。

最後に、室温を比較。
引越し前と後の設計室の室温です。


ちょっと見ずらいので、橙色の四角の部分を拡大してみました。



引越し前(青い線)は、局所暖房で一部屋しか暖房してませんでした。他の部屋は測ってないものの、やはり寒く感じました。
特に夜間のトイレ。と脱衣所ですね。
暖房を止めると、大きく下がってくのが分かります。10度以下になる事もしばしば。
一方の引越し後(赤い線)では、大きく下がる事は無いのがわかります。


たまたま同じ面積で同じ平屋の家に同じような生活条件で住んでたので比較しやすかったです。
こう比較すると、前の家の性能が余程悪かったように見えてしまいますが、前の家にはペアガラスや断熱材も入ってましたよ。
今の家は、壁の厚さが倍。断熱性能重視ですので、差が出て当然です。

おかげさまで、断熱オタクの設計する家の心地よさを感じることが出来ました。

そんな豊田家の断熱性能を知りたいマニアックなあなたへ。



↑豊田家の断熱性能です。
北や東の小窓を木製窓とかにすれば、もっと省エネな暮らしが出来たかなーとか。コスト的に無理だったのですが。


JUGEMテーマ:節約&エコグッズ


 


| 自邸の事+子育ての事 | - | - |
1年記念日。引っ越してから
御代から、中之作に引っ越してきてちょうど1年になりました。

思えば、1年前、生後2か月の息子さんの世話をしながらの引っ越し。

思い返すと、よくやったなぁ、、と。

まだねんねの頃だったので、バウンサーに座らせながら片付けをしていました。

ねんねの頃だったからこそスムーズに出来たのかもしれないですね。



息子さんが誕生し、事務所も自宅もお引越し。

そりゃあ生活は一転しました。



はたして中之作になじめるのだろうか?

海の目の前で、もろもろ大丈夫だろうか?機械はさびないだろうか?

浜風は?子供の遊び場は?NPOとして活動してる古民家と上手くやっていけるのか?



そんな不安を不安として考えている暇もなく、あれよあれよという間に時は過ぎていきました。



1年がたち、結論から言うと

中之作は快適でとても住みやすい場所という事が分かりました。

夏は海からの風がとても心地よいし、扇風機もエアコンもいらない。

冬は山を背にしているおかげか、北風が少なくて、いわき市ならではの太陽サンサンのおかげで晴れた日は外も暖かい。

なにより、海が見える景色が最高だ。

そして、人も良い人ばかり。

何かと近所の方々にお世話になっている。

引っ越したばかりの新参者なのに、子供のお下がりをいただいたり。

野菜やさんまやかつををいただいたり。かつをに至っては、私がさばけないもんだから、ナナメ後ろの家のお母さんにさばいてもらったり。



なんかほっこりする場所なのです。



初めての育児をこの場所でできた事に幸せを感じます。



みなさん、ありがとうございます!これからもよろしくです。



引っ越してすぐの打ち合わせ室↓



さっぱりしていて綺麗ですね。



引っ越して1年の打ち合わせ室↓



息子さんが降りてこないように柵を設けました。

テーブルを新しくしました。正木屋材木店さんのオリジナルテーブルです。

アイアンの脚がかっこいいのです。

打ち合わせ室兼自転車部屋ですね。



↓広く感じたロフト









荷物と本がびっしり詰まってます。

最近はここにiMacを置いて、息子さんとだんなさんがアニメをみて楽しんでいます。



↓ちいさいけど、リビング兼食堂



息子さんはまだねんねの頃。

いたずらしないので、一番ゆったりできた頃かもしれないです。



↓一年経って、リビング兼食堂兼遊び部屋と化しました。



息子さんは散らかしほうだい。

とにかく手の届くところはいたずらしまくります。

杉の無垢板は、ごはんをこぼしまくりでべたべた・・・(これはすぐどうにかなる。)
おもちゃをたたきつけてボロボロ・・・(これはどうにもならない。涙)

わかってた。杉はやわらかいし、傷みやすいのはわかってた。

わかってて、じゅうたんとか何も敷かなかった。



何より、無垢板は素足で気持ちいいし、掃除もしやすい。

無垢の心地よさに触れてほしくて、あえてそのままで過ごしました。

なので、何も言うまい。傷ひとつひとつが思い出さ。



最後に。

豊田邸、事務所付23坪。

12月9日現在。

暖房器具はエアコン1台のみですが、今季はまだ一度使用しておりません。

天気の良い日は、25度以上室温は上がり、朝方の寒い時間でも18度以下にはまだなってません。

クリスマスまで無暖房でいけるかなー??

とかちょっと無謀とも言える宣言をしつつ、快適に過ごしてます。

事務所兼としているので、機械熱とかの内部発熱が一般住宅より多いので、もしかしていけるんじゃないか?

とか思いつつ。



息子さんが泣いたので、ここで失礼。









| 自邸の事+子育ての事 | - | - |
建て方工事
某店舗新築工事

10月7日 土台敷き
10月8日 建て方



台風が続いた為、ブルーシートで建物を覆っています。
現場の努力のおかげで雨に濡れるのが最小限で済みました。

もはや青い建物ですね。
道路から見たら、とても目立ちますね。
10月23日には、屋根の下地と合板まで終わりました。
とても丁寧な仕事、ありがとうございます!


↑こちらは屋根の下。隠れてしまう【通気くん】。
その名の通り、屋根断熱の通気の為の材料。
 夏に屋根表面温度が上昇しても、通気君のおかげで天井は高温になりません。頑張り屋さんです!
ダンボールなので、劣化したら大丈夫なのか!?というご指摘をたまに受けます。
断熱施工をする際に、空気が通る道を断熱材の上に作ります。
断熱材をギュッと詰めた時に空気の道を塞ぐ事がないように、通気くんはストッパー役として頑張るのです。
施工が終わった時点で通気くんの役目はほぼ終わっているので、たとえ劣化してもなんの問題もないのです。

縁の下の力持ちならぬ、屋根の下の便利屋さん。

 


| 某店舗新築工事 | - | - |
コンクリート打設 2回目
【某店舗新築工事】は、2回目のコンクリート打設が終わりました。

アンカーボルトが綺麗に整列されてます。


手前が店舗部分。奥が工場部分。


模型を(だいぶ前ですが)作りました。


2階は住宅になります。


| 某店舗新築工事 | - | - |
蔵の家 地鎮祭
JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

突然ですが
↓この写真を覚えていますか?

遡ること2年半前の こちらの記事 で紹介した築100年以上前の蔵。

迫力のある梁がふんだんに使われているこちらの蔵。
震災で傷み、ずっと所有者さんは悩んでおられました。

「蔵を家に直して、ここに住もう」

この決断に至るまで、紆余曲折様々な想いがあったと思います。

そして今日、地鎮祭を行いました。

奥のブルーシートが掛かっている建物が「蔵」です。

地鎮祭位置が離れていますが、祭事を行っている位置まで建物を移動します。
曳き家工法を使って、建物を持ち上げ、新しく作る基礎の上に移動させるのです。
【移築】と言います。

神主さんが女の方でした。
この仕事に携わってかれこれ十年近くなりますが、女の神主さんは初めて会いました。

【蔵】の魅力を最大に生かし、今度は【住まい】として息を吹きかけます。
 


| 蔵の家 改修移転工事 | - | - |
夏の報告と秋だより。
今年の夏は、中之作で過ごした初めての夏。
例年どおりの暑い夏でしたが、設計室から見える港の風景は気持ちを涼しくさせてくれました。

昨年の夏は、臨月でお腹も大きく、これでもかという位に暑く感じて悪いとは思いながらもエアコンをガンガン使ってました。
それも朝から、夜中に寝るときも。
前の家は、大きく3つの部屋に別れてて、設計室・台所&打ち合わせ兼食堂・寝室の部屋それぞれにエアコンがあり、
2箇所同時に使ってました。
特に、事務所として機能しているので、機械熱がとにかくすごいのです。
8帖ほどの部屋にパソコン3台と複合機2台、大人3人。エアコンをフル稼働でもパソコンが熱暴走する始末。

そんな生活が、

中之作に引っ越してから、夏のエアコン稼働時間がなんとたったの4時間!
そのうちの1時間は実験的に7月の中頃に稼働させたのでした。(すぐに部屋が冷え、子供が寝てたので止めました)
数日は扇風機を1台だけ使ったのですが、他の日は窓をあけるだけで充分過ごせました。

部屋の大きさと機械の台数や人員もさほど変わりのない(むしろ0.5人位増えた)設計室はというと。
他の部屋よりも温度はやはり高め。
実は設計室の海が見える窓は、海を眺める為だけの窓なので開かないのです。(風で書類が飛ぶのを防ぐため)
それでも、あの暑がりの所長がエアコンなしで大丈夫でした。

古民家の方は、言うまでもなく快適!
中之作、アンビリーバボー!
(ちなみに、御近所さんは扇風機すらない家も多いです)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
すっかり涼しくなって、秋を感じる毎日です。
去年はもっと暑さが続いたような。息子さんは去年産まれて1ヶ月くらいは薄着というより肌着で過ごしてた記憶があります。

9月22日、小名浜港にさんまが水揚げされる!
との情報を聞きつけ、見に出かけました。
小名浜港までは車で約5分。

さんまが大量!小名浜で水揚げですが、船主さんは中之作(御近所さん)だそうです。
脂がのってて美味しそう!さんまは北海道で取れたそうです。

そいや、中之作に引越しをしてからというもの、お魚のおすそわけが多くなりました。
かつを、いわし、さんま、いか等。新鮮なお魚。
残念ながらかつをを捌く技量が無いため、これまた近所の奥様に切り身にしてもらったり。
引っ越してきたばかりの新参者ですが、中之作の方々にはとても良くしていただいてます。


他にも、稲刈りを体験したり。


どんぐりを拾ったり。


芸術にふれてみたり


文化に親しんでみたり。



 
Check


| 自邸の事+子育ての事 | - | - |
1/22PAGES >>
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Links
counter

アクセス解析タイ・バンコク情報



累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
twitter
Mobile
qrcode
Sponsored Links